MENU CLOSE
STAFF INTERVIEW

先輩スタッフインタビュー

急性外傷も扱える!
整形と接骨院の違いとは
高畑駅前接骨院 柔道整復師
米田柔整専門学校 卒業生
古田 匠
入社して何年目ですか?
約2年前に入社しまして、入社直後に出向という形で整形外科の方にて2年間勤務してました。今年4月に戻ってきました。接骨院でも初めてのケースで、一番最初に行かさせていただきました。未熟だった自分が成長できた2年間でした。
前職は何をしていましたか?
1年半ほどデイサービスのリハビリを担当していました。辞めた理由は同じ職の経験値のある先輩がいないので自分自身が成長しないなと感じたからです。そんなことをふと思った時に恩師である総院長と出会い、名古屋に出てきました。
河原総院長はどんな人ですか?
僕の中のイメージだと上に立つ人ほど現場に出てこないイメージが強いのですが、河原総院長はケースケースで現場を見て把握されるので、すごく尊敬できます。先生なので知識も豊富ですし、自分の成長につながると感じました。
勤務は面白いですか?
僕より接骨院の経験がある先生方しかみえないので、そういう先生方から色々と教えていただいています。周りが先輩ばかりなのでいい経験が積めていると感じます。
整形外科での知識や経験は活かされていますか?
前職では急性外傷の骨折をメインに扱っていたので慢性疾患はほぼ扱っていなかったのですが急性外傷でも同様のことが言えるストレッチや筋力トレーニングは患者さんへの指導という形で今でも継続できています。
他の院との違いは何ですか?
整形外科の時代にも同じ経験をしていたのですが、いかに患者さんにより良くなっていくための患者指導を徹底していくかが他の院より強いと思います。今度いつ来てくださいなど、体の状態を把握しているからこそ言えることだと思います。
テラピストでは急性外傷も扱えるんですか?
一応扱えます。例えば簡易な固定であったり、ちょっとした厚みのある固定具を使ったりなど。あとは紹介状を書いて整形外科の方に送るということもできます。それが経験値として積めたのでより外傷には慣れていると思います。
今後のご自身の展望は?
院長経験は積みたいと思っています。自分が今後、いざ接骨院を開くとなったとき何もできないと思うので経験値としてやりたいですね。
就活生の方へメッセージ
学生さんは骨折を扱いたいとか脱臼扱いたいという方も多いと思うのですが実際は接骨院には来ません。こういった資格を持っている以上開業をしたいという人も多いと思いますが、そういう方には慢性疾患やよくある腰や肩が痛いなどをしっかりと扱っていける接骨院に勤めた方がいいと思います。
新卒でも大丈夫!
沢山の患者さんを経験できる
神宮前駅東口接骨院 柔道整復師
米田柔整専門学校 卒業生
水野 雅仁
入社して何年目ですか?
現時点で1年とちょっとですね。前職では柔整師としては働いておらず、他の仕事をしていました。ただ、親が接骨院で元々やりたいと思っていたので抵抗はなかったですね。
テラピストを選んだ理由は?
河原総院長が学校の先生だったのですが、授業の中で接骨院の話をしてくれて、親も接骨院だったので他の院との差も気になっていました。学校の授業も面白くて教えるのが好きと言っていたので、入ったらより学べるのではと思いました。
施術で得意なことはありますか?
自分自身がよく笑っちゃうので、笑顔を大切にしながらやっています。患者さんも一緒に笑ってくれたら良いなという気持ちです。僕自身が話すのが好きで、昔から相手が笑ってくれるのが好きなので。患者さんが元気になるといいなと思っています。
患者さんからの言葉で嬉しかった言葉は?
感謝されるのが一番嬉しいです。「良くなったよ」とか言われると嬉しいですし、みんなでやっているけど、やっぱり自分のことのように嬉しいですね。
就活生の方へテラピストはおすすめしますか?
人数が来てくれるのでたくさんの経験が積めるという点ではいいと思います。今の時期(コロナ禍)でも患者さんが来てくれているのは大きいと思います。
就活生の方へメッセージ
雰囲気で選ぶのではなく、しっかり職場見学をしてどういったところなのか見ていくこと、自分のやりたいことに合っているかどうかが大事だと思います。すっと入ってしまうと「なんか違うかも?」となり気持ちがついてこないということもあるので、将来どうしていきたいかも含めて考えてみてください。
鍼灸接骨院から転職!
一治療人として高められる
高畑駅前接骨院 柔道整復師
米田柔整専門学校 卒業生
森本 哲博
テラピストを選んだ理由は何故ですか?
前職ではずっと治療メインでやってきたのでその経歴と、技術だけでなくノウハウを従業員に落としてこんでくれるところです。また現場が元気なので、患者さんと接する際に気持ちを整えたり、高めていくことができるところが魅力の1つです。
入社して印象は変わりましたか?
もともと勢いがある総院長なのですが、朝礼の時にお話されることがためになる。気持ちが上がり、心のコントロールをしていただけて、お話しされたことが自分で落とし込めるようになり、実践できるところが変わったかなと思います。
河原総院長はどんな人ですか?
ビッグな人。懐が大きい。なんでも受け入れてくれる方なので、相談もしやすく、院の大黒柱のような存在なので安心して勤務して尚且つ実力も上げていける職場です。
患者さんにはどんな気持ちで接していますか?
痛みが強い方も多く、基本的には何とかして欲しいという状態で来られているので技術的に治療をすることも大事ですが、まず患者さんと近くなり、打ち解け合えるような関係で治癒にあたっています。患者さんを元気にしたいという気持ちですね。
他院との違いはどんなところですか?
院として患者さんの気持ちを聞くというスタンスでやっていますので、患者さんからの言葉を逃さない。その時に何を感じて困っているのかを事細かにお聞きし受け入れていくというスタンスが他とは違うなと感じます。
今後の目標はありますか?
新たな戦略なども含めて、総院長は学びを深くされているので私も学ばせていただいて院に落とし込み、院が発展していく。
名古屋で一番いい院になるというのを目標としたいです。
就活生の方へメッセージ
技術を高めていく会社もありますが、テラピストでは一治療人としてしっかりと気持ちを作っていくというところに重点を置いています。自己を高めていく、そういったところが他の院と違うところです。人間的にも自信がつきますので、そうなりたい方にオススメです!
接骨院から転職!
技術以上の大切なコトを学ぶ
高畑駅前接骨院 院長 柔道整復師
トライデントスポーツ医療看護専門学校
(現:名古屋平成医療看護専門学校) 卒業生
佐々木 拓人
前職は何をしていましたか?
前職も接骨院で3年勤めました。整形外科だと病院の指示で動くことが多いのですが、接骨院はより患者さんと近い距離で関わることができ、テラピストでは技術だけでなく人間性や経営のことなど色々と勉強させていただけるとのことで決めました。
転職を考えたきっかけは?
辞めようかなと思ったというより、1つのところでやるよりは他の院も見てみて培っていけるものがあればいいなと思っていました。前職ではあらかじめ院長にも契約期間を決めて勉強させていただいていました。
河原総院長はどんな人ですか?
パワフルな方。人脈も、人柄もそうですし人徳のある人。すごく大きな人で、なんでも引張ってくれそうな人です。ついていくことによって色々と経験させてもらえるような、その背中を見て自分自身も成長できると思えるような、パワーのある人です。
神宮前駅東口接骨院としての展望は?
院としてはオラオラという感じではなく雰囲気は穏やかで優しい先生が多いので、そんな雰囲気を大事にして患者さんに寄り添えるような、心も癒せるような院づくりをしていきたいです。
患者さんに寄り添うために工夫していることは?
患者さんと話しやすくするために、先生の情報だったり色々書いてます。趣味のことを日記にして貼っておくと「先生こういうのが好きなのね〜」と話しやすい環境を作ったり、そういうのは取り組みの1つです。
技術向上のための工夫はありますか?
わからない症例があったらまずミーティングの時に共有してみんなで考えます。それでもわからない場合は総院長が経験が一番あるので聞いてその経験をいただく。そして実践することで私たちの経験になっていきます。
就活生の方へメッセージ
テラピストでは学べることは学べる、見せてもらえるものは見せてもらえます。先の見えない部分などを見せてもらえる、技術とかもみんなで高められる環境です。人間関係が深く、接骨だけではなくいろんな視野に目が向けられる、視野作りもできるのは1つのメリットです。
病院から転職!
自分に足らないものが見つかる
神宮前駅東口接骨院 柔道整復師
中和医療専門学校 卒業生
野田 恭平
入社して何年目ですか?
今年で3年目です。鍼とお灸の資格も持っています。実家も父親があん摩マッサージと鍼灸をやっています。前職では病院の方でも6年ほど働いてました。そこから神宮前駅東口接骨院に就職しました。
転職を考えたきっかけは?
自分に足りないものは何かと考え、接骨院はやったことがなかった。また病院で働いていると接骨院の悪いところを言っている患者さんが結構いたので患者さんの気持ちをわかるためには経験しておいた方がいいかなと思い決めました。
テラピストを選んだ理由は何故ですか?
3つほど受けて一番嫌だなと思ったところに入りました(笑)病院との働き方とも違うし、自分の考え方とも真逆だったので、なぜこうやっているのか聞いたらすごく納得できました。自分のマイナスの部分がプラスに変えられたのは大きいです。
苦手だった部分はどこですか?
挨拶など声が大きい。病院は静かで、治療するところで何故こんなに声を出しているのかと思っていたのですが、大きい声を出すというよりも患者さんに元気を与えるためでした。挨拶がしっかりしているからという理由で来てくれる人もいました。
患者さんの反応は?
なぜ繰り返し痛みがあるのかや放っておくと悪くなるデメリットを伝えてあげることも大事で、こっちの考えを伝えてあげれば、コストとかは気にせず通ってくれています。病院とかもあまりそう言った指導はしないので、リードしてあげることで患者さんも安心して信用してくれているのかなと思います。
就活生へテラピストはおすすめしますか?
患者さんがどう思っているのか、不安とかそこをまず汲み取る力もつきますし、それに対してなんて言ったらいいかとかも大事になってくると思うので、そういった部分は鍛えられるのではいかと思います。
就活生の方へメッセージ
最初は技術・知識を重点的に見ると思うのですが、技術以外にも人間性が大事ということはまだ卒業したてじゃわからないと思います。こういう患者さんにはこう伝えるとか、技術だけでなく他の部分も見るのがおすすめです。
  • Instagram